♪musicsearch♪ミュージックサーチ♪

動画付きであなたの欲しい音源が必ず見つかる!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Clap, YES Steve Howe 1976



スティーヴ・ハウ (ギタリスト)
スティーヴ・ハウ(Stephen James Howe, 1947年4月8日- )は、ロンドン出身のギタリスト。1960年代から様々なプロジェクトに参加しているが、イエスでの活動が有名。

1964年にシンディキャッツというビート・バンドでプロ・デビュー。シングルを幾つか発表。1965年にキース・ウェスト等と共にジ・イン・クラウドを結成。1967年にグループ名をトゥモローと改め、サイケデリックなサウンドで注目を集めた。トゥモローではアルバム1枚と、キース・ウェストをメインに立てたロック・オペラ作品『A Teenage Opera』に関わる。その後はボダスト、P・P・アーノルドやデラニー&ボニーのツアー・バンドなどを経て、1970年にイエスに加入。多彩なギター・サウンドと優れた作詞作曲の能力でバンドの躍進に大きく貢献し、黄金期の一翼を担った。

イエス解散後の1980年代は、エイジアやGTRといったスーパーグループで成功し、ポップ・シーンに足跡を残した。その他にも、トレヴァー・ホーンの「ZTTレーベル」関連に幾つかゲスト参加したり、インストゥルメンタル専門レーベル「ノー・スピーク」の作品群に関わったりと、様々な事を試みている。1988年にイエスの分家バンド、アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウに参加し、紆余曲折を経て1996年イエスに再加入、現在に至る。

ソロ活動は1970年代からゆっくりと始めているが、バンド活動と並行して精力的に開始したのは1990年代に入ってから。

彼のプレイはロック・ギターの定石に捕われず、カントリー、ジャズ、クラシック、フラメンコ、トラッドなどの手法をロック・ミュージックに溶け込ませるのが特徴。様々な種類の弦楽器をレコーディングで使用するだけでなく、ライヴでも1曲の中でさえ何度となく持ち替える。エレクトリック/アコースティック・ギターだけでも何種類となく用い、他にもエレクトリック・シタール、ペダル・スティール、リュート、マンドリンなどを巧みに弾きこなす。

Steve Howe and Patrick Moraz - Beginnings


パトリック・モラーツとの共演ですね。

ちなみに、歌はとっても「ヘタ」なんですよね・・・・

スポンサーサイト
テーマ:プログレ - ジャンル:音楽
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。