♪musicsearch♪ミュージックサーチ♪

動画付きであなたの欲しい音源が必ず見つかる!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Popol Vuh Beat Club 1971


ジャーマン・プログレの、ポポル・ヴーのデビューアルバムの邦題が、「原始帰母」といいます。

フロイドの「原子心母」が1970年。
この「原始帰母」が1971年。

これってやっぱり2番煎じのパクリ?

ジャーマン・プログレ(クラウト・ロック)界において、もっとも異質な音を放ち続けた伝説的グループ、ポポル・ヴー。中心人物の故・フローリアン・フリッケは、映画監督ヴェルナー・ヘルツォーグと親交が深く、彼の映画作品群の音楽を手掛けたことでも知られる。
バンド名はマヤ文明の教典に由来。71年、1stアルバム『Affenstunde』において、ムーグ・シンセの音色で西洋文明と南米/東洋神秘主義との奇跡的な融合を実現させた。すべての宗教の根本は同一であるという信念のもとに作られた『Hosianna Mantra』(72年)や、旧約聖書をモチーフにした『Das Hohelied Salomos』(75年)など、宗教色濃厚な問題作を多数輩出。深層心理をえぐるセラピー効果満点の沈静音響は、ニューエイジ/アンビエントの原形でもある。これぞ、原始宗教(風)音楽の極み。ヨガや瞑想にも最適だ。
スポンサーサイト
テーマ:プログレ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://musicsearch.blog65.fc2.com/tb.php/47-e3e285e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。